神奈川県市町村職員年金者連盟とは

 本連盟は、神奈川県市町村職員共済組合を構成する市町村(横浜市、川崎市を除く)を退職し、年金受給者となられた方を対象に、相互の親睦と交流を図ることを目的として、昭和42年6月に会員約600名をもって発足いたしました。その後、加入資格の拡大を図りながら順調に発展を続け、現在では24支部、会員数5,000余名に達しております。

会長あいさつ

      

 2022年初夏の挨拶

  

 暑中お見舞い申し上げます。

      

 神奈川県市町村職員年金者連盟会員の皆様におかれましては、如何お過ごしでしょうか。日頃より神奈川県市町村職員年金者連盟の活動にご理解、ご協力をいただき感謝申し上げます。ここにきて新型コロナウイルス変異株による感染が一時期より収まっているとはいえ、まだまだ予断が許されない状況にあります。

      

 私たち年金受給者はほぼ3回目のワクチン接種が終わっていると思います。しかし、何度も繰り返して恐縮に存じますが、「自分は大丈夫!」などと過信せず、もう暫くマスクの着用、三密の回避、手洗い・消毒を履行などの感染予防を心がけようではありませんか。コロナの心配をせずに、一日も早く元気で、笑顔で日々の生活を楽しめる日が戻りますよう願っています。

      

 引き続くコロナ禍において、会員の皆様の日々の生活や県連盟のみならず各支部の活動にも依然として制約を余儀なくされているのではないでしょうか。令和4年度各支部の事業計画によると、徐々に、無理のない範囲で活動を再開するようです。県連盟では本年度も定期総会を書面で開催することにしましたが、支部によっては少数ですが対面での総会が開催されています。先日ある支部の総会に参加しましたが、コロナ禍以前よりだいぶ少ないとのことでしたがそれでも数十人が参加していました。皆さん暫くぶりの再会を喜び合い、大いに盛り上がっていました。やはり対面での開催は素晴らしいと感じました。

      

 年金支給年齢の65歳引き上げ、退職者対象説明会がDVD説明に替わるなど、ますます退職予定者への年金者連盟加入の勧誘機会が狭められています。県連盟では新規会員の加入促進を図るため特別委員会を設置し、各支部へのアンケート調査を実施するなどして検討を進めてきました。どの支部でも会員減少に歯止めがかかっていません。会員獲得に王道はありません。未加入退職者、退職予定者に地道に声をかけることから始めようと、改めて確認しました。会員の皆様におかれましても、引き続きこれまでどおり加入促進へのお力添えをお願い申し上げます。

      

 これからはコロナ感染に加えて熱中症にも気を付けなくてはなりません。会員の皆様には健康に十分ご留意いただくとともに、各支部のご発展とコロナ騒ぎが一刻も早くに収まり皆様方と活動ができますことを心から祈念しています。


神奈川県市町村職員年金者連盟
会 長 兵藤 芳朗

新着情報
記事一覧


~ 会員の皆さんへ ~

   未加入者の加入促進にご協力ください!

 年度末退職予定者の方々へは、加入促進のご案内をしております。連盟組織の充実・拡充、また、支部活動の活発化を図るため、未加入者の加入促進にご協力をお願いいたします。

 皆さんの周りに「連盟に加入していない方」がいらっしゃいましたら、ぜひ仲間となって一緒に連盟活動にご参加くださるようにお声がけをお願いいたします。

 加入の申し込みやお問合せは、各支部事務局または年金者連盟事務局へご連絡ください。


PAGE TOP